【ゆるレビュー】final E500 ”ASMR用イヤホン”の実力は?

ASMR

finalの「E500」という有線イヤホンをご存知でしょうか。

コンセプトからバイノーラル音源(ASMR)用とされており、そのキャッチコピーの間違いのなさ、値段の安さ等からASMR音声試聴界隈ではとても有名なイヤホンです。 

早速レビューしていきましょう。

final「E500」とは?

final「E500」とは、バイノーラル音源に最適化されたイヤホンです。価格は2,000円程度と手ごろなのも魅力です。

以下 final 公式ページより引用↓

E500
バイノーラル技術を用いて音の方向感を再現するゲームやVRコンテンツを再生するための
新たな研究成果から生まれました。
2chステレオ方式で制作された音源とバイノーラル技術で制作された音源の違いの研究から
生まれた新たな「定番」イヤホンの誕生です。
バイノーラル制作された音源特有の違和感が少ない自然な音色により、音源そのものに
集中することが可能です。

バイノーラル技術は、人の頭の形を模したマイク(ダミーヘッドマイク)等で音の位置を感じられるように録音する技術のことです。この技術により、FPSゲームでは足音や銃撃音の場所が分かったり、VRコンテンツ等ではあたかもそこに人がいて音を鳴らしているかのように感じることが可能になります。(ちなみに2chステレオ方式はいわゆる普通の音源の方式です

”音質が良くてバイノーラル音源を聴くのに向いているイヤホン”は今までにいくつもありました。しかし、はっきりとバイノーラル音源用と謳われている製品はこれまでになく、この製品の確固たるアイデンティティとなっています。

バイノーラル音源用と謳われるだけあり、音の位置の表現が素晴らしく、音声作品などで囁き声を聴くと、耳元で喋っているように感じることがあるくらいです。普段ドラマCDやDLsiteにあるような音声作品を聴くような方FPSゲームをやる方には特にお勧めしたいイヤホンです。

音質について

肝心の音質はどうでしょうか。

音の位置が分かり、息遣いが聞こえる・・・というバイノーラル音源的な音質については、これ以上ないくらいの完成度です。

同じ価格帯のfinalのE1000もエントリーモデルのイヤホンとしては破格の音質のイヤホンではありますが、音の位置のみを比較するとE1000が平たい音に聞こえてしまうくらいです。

ただ、普通の音源の音楽(J-POPやアニソンなど)を聴くのであれば・・・少し違うと感じるかもしれません。もし同価格帯で普通のイヤホンが欲しい、と思われた方はfinal E1000の購入をお勧めします。(こちらも追ってレビューします)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました